高い分配金利回りが魅力!iシェアーズ米国リートETF(1659)の評価・解説

iシェアーズ米国リートETFは、アメリカのリート(不動産)に連動した成績を目指すETFになります。
「ブラックロック・グループ」が運用しているiシェアーズ(iShares)シリーズの一つとして設定されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iシェアーズ米国リートETFの詳細

上場市場 東京証券取引所
コード 1659
ベンチマーク FTSE Nareit Equity REITs インデックス(TTM 円建て)
設定日 2017年9月27日
信託報酬 年0.20%(税別)
基準価額 2,002円
純資産総額 40.69億円
決算日 年4回(2月、5月、8月、11月の9日)
売買単位 1口
最低購入単価 2,051円
信託期間 無期限
信託財産留保額 なし
資産構成 米国REIT…99.72%
現金など…0.28%
管理会社 ブラックロック・ジャパン

iシェアーズ米国リートETFの特徴は、米国リートに投資を行うETFの中で最安で投資できることになります。
国内ETFでは、先進国リートに投資を行うNEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信(年0.17%)が存在します

売買単位は1口なので、今なら2,000円程度で買えることが魅力です。
また楽天証券なら手数料がかかりませんので、まとまった資金で買い付ける場合はおすすめです。

年4回の分配があり利回りも高めなので、分配金狙いの投資にも活用できます。

組入銘柄

銘柄名 比率
ISHARES CORE US REIT ETF 100%

本ETFは米国市場に上場しているリートETFを買い付けています。

「ISHARES CORE US REIT ETF」ですが、国内証券会社では購入不可となっております。

ETFの構成銘柄は?

銘柄名 比率
SIMON PROPERTY GROUP REIT INC 6.41%
PROLOGIS REIT INC 4.95%
EQUINIX REIT INC 3.61%
PUBLIC STORAGE REIT 3.60%
WELLTOWER INC 3.29%
AVALONBAY COMMUNITIES REIT INC 3.04%
EQUITY RESIDENTIAL REIT 2.97%
VENTAS REIT INC 2.62%
DIGITAL REALTY TRUST REIT INC TRUS 2.54%
BOSTON PROPERTIES REIT INC 2.33%
REALTY INCOME REIT CORP 2.32%
ESSEX PROPERTY TRUST REIT INC 2.04%
HCP REIT INC 1.69%
ALEXANDRIA REAL ESTATE EQUITIES RE 1.60%
HOST HOTELS & RESORTS REIT INC 1.51%
VORNADO REALTY TRUST REIT 1.38%

現在は166のアメリカREITで構成されております。
セクターも幅広く分散されていて、総合型REITと同様のポートフォリオになっています。

アメリカ最大リートである「サイモン・プロパティー・グループ」をはじめ、物流不動産大手の「プロロジス」などが上位に組み込まれています。

利回り・パフォーマンスは?

期間別騰落率

期間 ファンド ベンチマーク
3カ月 +1.12% +1.18%
1年 +11.78% +11.97%
設定来 +4.41% +4.47%

年度別騰落率

期間 ファンド ベンチマーク
2018年 -7.35% -7.36%

配当金・分配金は?

決算日 分配金(1口当たり)
2018/11/9 46円
2018/8/9 19円
2018/5/9 14円
2018/2/9 3円

年4回分配金を出していて、2019年2月5日時点での利回りは4.01%となっています。
設定当初の分配金は少なかったですが、4回目の分配で調整されて、本家の米国リートETFと同水準の利回りとなっています。

投資家の評判は?

iシェアーズ米国リートETFの評価

iシェアーズ米国リートETFですが、世界の経済国であるアメリカ不動産に最安コストで投資できることが評価できます。
これ一つで米国REITに幅広く投資が行えますので、アメリカ不動産に分散投資を行いたい場合は最有力のETFとなります。

分配利回りも高く年4回受け取れますので、分配金を狙った投資にもおすめです。

おすすめな証券会社は?

東京証券取引所に上場しているので、国内ほぼ全ての証券会社で購入可能となっています。

iシェアーズETFが手数料無料になる楽天証券がおすすめです。
また少額で取引する場合は、岡三オンライン証券SBI証券松井証券で取引するのが良いでしょう。

リート型ETF
スポンサーリンク
スポンサーリンク
vb93esnbvusをフォローする
ETFではじめる投資ガイド