好利回りの毎月分配ETF!iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)の評価と概要

iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)は、アメリカの優先株式に幅広く投資が行えるETFになります。
配当利回りが高いことから、国内でも人気の米国ETFとなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)の詳細

上場市場 ナスダック証券取引所
コード PFF
ベンチマーク S&P 米国優先株式インデックス
設定日 2007年3月26日
信託報酬 年0.47%(税別)
純資産総額 152億米ドル
売買単位 1株
決算日 年回(3月、6月、9月、12月)
管理会社 ブラックロック

iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)の特徴は、毎月配当が支払われることに加えて利回りも高いことになります。

優先株式とは普通株と比べて配当金を多くもらえたり、投資家に対して有利な権利が与えられてる株式のことです。
国内では馴染みがないですが、アメリカでは盛んに取引されています。

S&P 米国優先株式インデックスに連動するETFとなっており、現在はおよそ300の銘柄で構成されています。
米国優先株式となっていますが、アメリカ以外の国にも少量投資されています。

構成銘柄の業種は銀行や不動産など金融系の銘柄の比率が高くなっています。
そのためリーマンショック級の暴落に見舞われると、本ETFも大きく下落する恐れがあります。

ただ平常時の値動きは安定しており、ここ8年のチャートを見ても、非常に小さなレンジ内での値動きとなっています。
ある程度のリスクを取れる方は、配当金狙いの投資として、債券ETFのような活用ができるでしょう。

業種別構成比率

国名 比率
銀行業 35.23%
各種金融 24.69%
不動産 14.01%
保険業 9.98%
エネルギー 3.82%
公益事業 3.21%
ヘルスケア機器・サービス 2.22%
食品・飲料・タバコ 1.81%
キャッシュ等 1.65%
資本財 1.02%

構成銘柄比率

国名 比率
ベクトン・ディッキンソン 2.22%
GMAC CAPITAL TRUST I 2.03%
バークレイズ 1.99%
CITIGROUP CAPITAL XIII 1.79%
BLK CSH FND TREASURY SL AGENCY 1.69%
センプラ・エナジー 1.29%
クラウン・キャッスル・インターナショナル 1.24%
ウェルズファーゴ 1.23%
シティグループ・インク 1.23%
PNC フィナンシャル・サービシズ・グループ 1.17%

NYダウやs&p500とは一味違った構成銘柄となります。
現在は医療機器メーカーのベクトン・ディッキンソンに多く投資しています。

300の銘柄に投資しているので、企業の経営リスクも分散できています。

利回り・パフォーマンスは?

期間別騰落率

期間 ファンド ベンチマーク
1ヵ月 -1.46% -1.46%
3ヵ月 +0.05% +0.21%
6ヵ月 +1.75% +2.04%
1年 +1.04% +1.57%
3年 +14.22% +16.59%
5年 +32.21% +36.52%
10年 +161.76% +192.39%
設定来 +59.66% +68.56%

年度別騰落率

期間 ファンド ベンチマーク
2017年 +8.33% +9.11%
2016年 +9.69% +11.22%
2015年 +14.75% +17.31%
2014年 +33.81%
2013年 +9.63% +9.59%

※2018年9月末現在

配当金・分配金は?

決算日 分配金(1口当たり)
2018/10 0.159159米ドル
2018/9 0.160748米ドル
2018/8 0.176215米ドル
2018/7 0.194044米ドル
2018/6 0.193889米ドル
2018/5 0.180445米ドル
2018/4 0.165853米ドル
2018/3 0.172386米ドル
2018/2 0.189298米ドル
2018/1 0.099166米ドル
2017/12 0.192484米ドル
2017/11 0.190852米ドル

毎月配当金を出しており、2018年9月28日時点での配当金利回りは5.63%となっています。
株式ETFでは非常に高い利回りとなっており、配当金狙いの投資に最適と言えます。

投資家からの評判は?

iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)の評価

iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)ですが、好利回りの配当金を毎月もらえることが評価されています。
保有コストはやや高めですが、個人では買いづらい優先株式に投資できることがメリットになります。

毎月配当を受けられることから、ある程度のリスクを許容できる場合、寝かせたキャッシュを有効活用するのにおすすめのETFと言えるでしょう。

iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)を購入できる会社はこちら

本ETFは海外ETFとなりますので、扱っている会社は下記となります。

証券会社 ポイント
SBI証券 海外ETFで手数料最安水準
マネックス証券 米国ETFが実質手数料無料になるゼロETFがある
楽天証券 楽天レバレッジETF手数料無料
海外ETF
スポンサーリンク
スポンサーリンク
vb93esnbvusをフォローする
ETFではじめる投資ガイド