▼初心者におすすめ!1,000円から株に投資できる!▼
One Tap BUY(ワンタップバイ)の解説記事はこちら

国内リート最安ETF!ダイワ上場投信-東証REIT指数(1488)の評価と解説

ダイワ上場投信-東証REIT指数は、東証REIT指数に連動する動きを目指しているETFになります。
本ETFに投資することで、国内の不動産全体に分散投資が行うことが可能です。

スポンサーリンク

ダイワ上場投信-東証REIT指数の詳細

上場市場東京証券取引所
コード1488
ベンチマーク東証REIT指数
設定日2016年10月25日
信託報酬年0.155%(税別)
純資産総額666.24億円
決算日年4回(3月、6月、9月、12月)
売買単位10口
最低購入単価17,861円
資産構成国内リート…60銘柄
国内リート 先物…1銘柄
管理会社大和証券投資信託委託株式会社

ダイワ上場投信-東証REIT指数の特徴は、東証REIT指数をベンチマークとするETFの中で、最も低い信託報酬であることになります。
信託報酬年0.155%は、iシェアーズ Jリート ETF(年0.16%)を僅かに下回って最安の座についています。

比較的設定間もないiシェアーズ Jリート ETFよりも、さらに後発のETFであるため、コストの優位性で挑んできたのでしょう。
長期での投資を行うほど保有コストの負担がのしかかってきますので、信託報酬が安いに越したことはなくありがたいことですね。

しかしまだ運用実績が短いこともあり出来高は乏しく、短期での取引には使いづらいでしょう。

年4回の分配を行う予定ですので、分配金狙いの投資にも活用できると思います。

用途別構成

用途比率
オフィス不動産32.5%
各種不動産29.0%
工業用不動産11.8%
店舗用不動産9.7%
住宅用不動産9.0%
ホテル・リゾート不動産6.4%
ヘルスケア不動産0.3%

組入銘柄

用途比率
日本ビルファンド7.3%
ジャパンリアルエステイト6.8%
野村不動産マスターF5.3%
ユナイテッド・アーバン投資法人4.5%
日本リテールファンド4.5%
オリックス不動産投資4.0%
大和ハウスリート投資法人3.7%
日本プロロジスリート3.5%
アドバンス・レジデンス3.2%
GLP投資法人3.1%

利回り・パフォーマンスは?

期間ファンドベンチマーク
1カ月+1.6%+1.4%
3カ月+1.8%+0.7%
6カ月+7.3%+5.2%
1年+11.7%+7.5%
設定来+8.0%+0.2%

※2018年9月末時点

ファンドの成績が上回っておりますが、これは配当金が含まれる数値ですので、配当なしのベンチマークと単純な比較はできません。
国内リートは今年に入って回復してきており、年間を通してプラスリターンとなっています。

純資産は設定から順調に増えており、今後の増大も期待できるでしょう。

配当金・分配金は?

決算日分配金(10口当たり)
2018/9201円
2018/6111円
2018/3219円
2017/12265円
2017/971円
2017/685円
2017/311円

分配金は年4回となっています。
2018年から分配金が増額しており、利回りがアップしています。

2018年10月5日時点の分配金利回りは、年4.46%となっています。

ダイワ上場投信-東証REIT指数の評価

ダイワ上場投信-東証REIT指数ですが、国内リートに投資しているETFの中で最も安い信託報酬であることが評価できます。
リートETFということもあり利回りも期待できて、さらに年4回の分配であることも、分配金狙いの投資で活用できることかと思います。

ただ短期トレードに利用する際は不向きとなりますので、その場合は流動性が高いNEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信を選択されるのが良いかと思います。

本ETFは、長期投資でなるべく保有コストをおさえたい方に最適なETFとなるでしょう。

おすすめな証券会社は?

東証に上場していますので、国内のほとんどの証券会社で購入可能となっています。

手数料を抑えたい方は、むさし証券で取引を行うのが良いと思います。
少額(10万円以下)で手数料無料の取引を行いたいなら松井証券楽天証券(いちにち定額コース)、SBI証券(アクティブプラン)を利用するのが最適でしょう。

スポンサーリンク

シェアする