マネックス証券でETFを購入するメリットと詳細

マネックス証券は、手数料の安さや扱っている商品数の多さから人気の証券ネット会社です。
海外ETFを置く取り扱っており、ETF投資にも欠かせない会社となるでしょう。

海外ETFが豊富

特に米国市場のETFに強く、トップクラスである250銘柄以上の海外ETFを扱っています。
検索ツールも使いやすく手数料も最安値ですので、米国ETFではメインとして活用したいところです。

取引可能時間も24時間可能であることや、逆指値での注文が可能なことも魅力的と言えますね。

また海外ETFのみでなく、米国株も多く扱っております。
その数は3,000銘柄以上と、2番手であるSBI証券の3倍以上の銘柄数を取り扱っています。

ゼロETFは凄い

「ゼロETF」とは対象の米国ETFが実質手数料無料で取引できるサービスです。
ETFの最大の欠点としては売買時の手数料がかかることでした。しかも海外ETFは手数料が高いのも難点です。
それを実質無料で取引できるようにしたことに驚きとともに最大限の評価を与えるべきでしょう。

なお対象銘柄はウィズダムツリーETFの28銘柄となっています。
実質とあるのは実際の取引時には手数料が掛かり、翌月末までにキャッシュバックされる仕組みとなっている為です。

海外ETFでも特定口座に対応

マネックス証券では海外株式(米国株式と香港株式)で特定口座に対応しております。
国内株式と損益通算も可能になって、確定申告も不要になりますのでありがたいですね。

マネックス証券の国内ETF取引手数料

■現物・信用取引手数料
・取引毎手数料コース

・一日定額手数料コース

現物・信用共に手数料が共通ですが、他と比較して特段に安いわけではありませんね。
それでも優れた取引ツールやアプリを提供していますのでそれに魅力を感じた人は利用価値がありそうですね。

30万円までの取引であれば、他と比べても割安と言える手数料となっています。
それ以上の金額になる取引が中心という方は、少々手数料が高く感じるかもしれません。

信用取引手数料は現物取引と同じになりますが、こちらも他社と比較して高めの手数料体系となっています。

これらのことからマネックス証券は、30万円以下の少額での現物取引で活用するのが良さそうですね。

マネックス証券の評価まとめ

マネックス証券は、海外ETF特に米国市場の取引にて力を発揮する証券会社と言えるでしょう。
またゼロETFは対象の米国ETFに無料で投資が行えますので、最大限活用していきたいサービスとなりますね。

▼口座開設はこちら▼