▼初心者におすすめ!1,000円から株に投資できる!▼
One Tap BUY(ワンタップバイ)の解説記事はこちら

東証REIT Core指数に投資できる初のETF!MAXIS Jリート・コア上場投信(2517)の評価と配当・利回りなど解説

MAXIS Jリート・コア上場投信は、東証REIT Core指数に連動する動きを目指すETFになります。

MAXIS(マクシス)シリーズの一つとして2018年4月16日に設定されます。

スポンサーリンク

MAXIS Jリート・コア上場投信の詳細

上場市場東京証券取引所
コード2517
ベンチマーク東証REIT Core指数
設定日2018年4月16日
(2018年4月17日)
基準価額(株価)1,046円
信託報酬年0.25%(税別)
純資産総額241億円
売買単位10口
最低購入単価10,460円
決算日年4回(2/10、5/10、8/10、11/10)
信託財産留保額無料
資産構成実質国内REIT組入比率
うち現物:98.98%
うち先物:1.02%
管理会社三菱UFJ国際投信

MAXIS Jリート・コア上場投信の最大の特徴は、東証REIT Core指数を投資対象とする初のETFであることになります。
東証REIT Core指数は2018年3月26日に公表したばかりであり、いち早くMAXISシリーズが投入した形です。

東証REIT Core指数とは、東証REIT指数の構成銘柄のうち、時価総額売買代金の水準により銘柄を選定する均等加重型の指数となります。
上記の説明ではわかりづらいかと思いますが、簡単に言うと東証REIT指数の銘柄から絞り込んで投資を行うという意味です。

銘柄の選定基準としては、流動性に優れていること、東証REIT指数において時価総額上位であることなどです。
構成銘柄数は26銘柄となっており、毎年6月に銘柄の入れ替え(リバランス)が行われます。

東証REIT指数(60銘柄)と比較して分散性で劣ることや、中小型REIT銘柄の比率が高くなることは頭に入れておく必要があります。
ただ中小型REITの割合が大きくなるので、ボラティリティとしては高くなるメリットもあります。

分配は年4回行われる予定で、分配金を得ながら価格変動によるリターンも狙っていく投資を行うことができます。

組入銘柄

銘柄名比率
日本アコモデーションファンド投資法人4.04%
大和ハウスリート投資法人4.03%
大和証券オフィス投資法人4.00%
プレミア投資法人3.92%
ユナイテッド・アーバン投資法人3.89%
野村不動産マスターファンド3.89%
日本リテールファンド投資法人3.87%
アクティビア・プロパティーズ3.86%
ジャパンリアルエステイト3.84%
アドバンス・レジデンス投資法人3.82%
日本ビルファンド投資法人3.82%
日本プライムリアルティ投資法人3.81%
オリックス不動産投資法人3.80%
積水ハウス・リート投資法人3.79%
ヒューリックリート投資法人3.78%
ジャパン・ホテル・リート3.78%
ケネディクス・オフィス投資法人3.76%
森トラスト総合リート投資法人3.75%
フロンティア不動産投資法人3.75%
日本プロロジスリート投資法人3.73%
産業ファンド投資法人3.71%
ジャパンエクセレント投資法人3.71%
森ヒルズリート投資法人3.69%
GLP投資法人3.68%
イオンリート投資法人3.64%
日本ロジスティクスファンド3.60%

パフォーマンス・利回りは?

期間リターン
1カ月+0.49%
3カ月 +2.87%
設定来+6.43%

※2018年7月31日時点

上記のリターンは「東証REIT Core指数」の過去リターンとなります。

配当金・分配金は?

決算日分配金(10口当たり)
2018/8-円

初回の決算は8月になる予定です。
分配金が判明次第、追記いたします。

MAXIS Jリート・コア上場投信の評価

MAXIS Jリート・コア上場投信ですが、東証REIT Core指数をベンチマークとする唯一のETFであることが評価できます。
信託報酬も、リート最安ETFであるMAXIS Jリート上場投信年0.25%)と同じであることが魅力です。

東証REIT指数と過去リターンを比較してみると、やや東証REIT Core指数の方が値動きが大きくなる傾向があるみたいです。
その分リスクも高くなりますが、東証REIT指数と異なる特性を持ったインデックスに投資をしたい方には投資価値のあるETFになるでしょう。

おすすめ証券会社は?

東京証券取引所に上場予定ですので、国内ほぼ全ての証券会社で購入可能となっています。。

少額(10万円以下)で取引を行うなら、SBI証券楽天証券岡三オンライン証券を利用すれば手数料無料となります。
全体的な手数料コストを抑えたい場合や、取引ツールの利便性を重視する方はDMM株がおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする