フリーETF対象!MAXIS Jリート上場投信(1597)の評価と解説

MAXIS Jリート上場投信は、東証REIT指数に連動する動きを目指しているETFになります。

本ETFを利用すれば、国内の不動産に分散して投資を行うことができます。

スポンサーリンク

MAXIS Jリート上場投信の詳細

上場市場東京証券取引所
コード1593
ベンチマーク東証REIT指数
設定日2014年2月24日
基準価額(株価)1,658円
信託報酬年0.25%(税別)
純資産総額約816億円
売買単位10口
最低購入単価16,580円
決算日年4回(3/8、6/8、9/8、12/8)
信託財産留保額無料
資産構成国内REIT組入比率…100%
内 現物…98.62%
内 先物…1.39%
全組入銘柄数…58
管理会社三菱UFJ国際投信

MAXIS Jリート上場投信の最大の特徴は、フリーETF対象のETFであるため、カブドットコム証券では無料で取引できることになります。

どんなに取引を行っても手数料がタダですので、コストを気にせずETF投資を行っていけます。

また分配も年4回行われており利回りも高い水準ですので、分配金狙いの投資でも活用できるでしょう。

ただ出来高は競合するETFに比べて少ない水準ですので、短期トレードに利用するのは向いておりません。
短期取引なら、出来高が最も多いNEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信を利用するのが良いでしょう。

組入上位10銘柄

銘柄名比率
日本ビルファンド投資法人7.20%
ジャパンリアルエステイト投資法人6.78%
野村不動産マスターファンド投資法人5.57%
日本リテールファンド投資法人5.15%
ユナイテッド・アーバン投資法人 4.82%
オリックス不動産投資法人 4.13%
日本プロロジスリート投資法人 3.95%
大和ハウスリート投資法人 3.67%
アドバンス・レジデンス投資法人 3.40%
日本プライムリアルティ投資法人3.15%

組入銘柄は全58銘柄で構成されていますが、一つの銘柄で数多くの不動産に投資を行っていることから、トータルではかなり分散が効いた組入銘柄となっています。

オフィス系リートの比率が高くなっており、景気に左右されやすいのも特徴となります。

パフォーマンス・利回りは?

期間リターン
1カ月-1.56%
3カ月-1.36%
6カ月-5.23%
1年-6.19%
3年 +8.85%
設定来 +24.90%

※2017年9月29日時点

ファンドのリターンは、分配金が含まれた数値となっています。

ベンチマークである東証REIT指数は、2016年4月から調整の動きが続いており、今年に入っても軟調で今のところ上昇する兆しが見えません。

純資産の推移は?

本ファンドはおよそ6億円の純資産からスタートしましたが、大きく減少することなく順調に資産を増やし続けています。
ただ直近は横ばいでの推移となっています。

配当金・分配金は?

決算日分配金(10口当たり)
2017/9178円
2017/698円
2017/3204円
2016/1295円
2016/9156円
2016/696円
2016/3180円

本ETFは、毎年4回の決算すべてで分配を出しております。
2017年9月の分配金は、昨年同時期よりも基準価額が下がっているのにもかかわらず、178円と増えており利回りも高くなっています。

2017年10月17日時点での分配金利回りは3.47%と、分配金利回り狙いの投資としても魅力があります。

MAXIS Jリート上場投信の評価

MAXIS Jリート上場投信は、フリーETFの一つとなっているETFですので、カブドットコム証券では0円で取引できることが評価できます。

また信託報酬も比較的低い水準であり、分配金狙いの長期投資にも重宝するETFとなるでしょう。

おすすめ証券会社は?

東京証券取引所に上場しているので、国内のほぼ全ての証券会社で購入可能となっています。
ただフリーETF対象銘柄ですので、無料で売買できるカブドットコム証券で取引を行うのがおすすめです。

また少額(10万円以下)で取引を行うなら、SBI証券楽天証券松井証券を利用すれば手数料無料となります。

スポンサーリンク

シェアする