高配当優良株に分散投資できる!iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF(1478)の評価と配当・利回りなど解説

  • 2019年のETFおすすめをまとめました!
  • 楽天証券なら「iシェアーズ」「MAXIS」シリーズETFが手数料無料で取引可能!
  • 6/28(金)まで!SBI証券で「MAXIS」シリーズ対象ETFを取引すると手数料全額キャッシュバック!
  • トライオートETF500円からETF自動積立が可能!

1478

iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETFは、国内株式に連動した成績を目指すETFのことです。
「ブラックロック・ジャパン」が運用しているiシェアーズ(iShares)シリーズの一つとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETFの詳細

上場市場 東京証券取引所
対象資産 株式
コード 1478
ベンチマーク MSCIジャパン高配当利回りインデックス
設定日 2015年10月19日
信託報酬 年0.19%(税別)
純資産総額 413.48億円
出来高(月間) 91,240株
決算日 年2回(2月、8月の9日)
売買単位 1口
最低購入単価 1,926円
信託期間 無期限
信託財産留保額 なし
資産構成 株式:98.09%
現金など:1.82%
組入銘柄数:49柄数
マーケットメイク 対象
管理会社 ブラックロック・ジャパン

iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETFの特徴は、国内の高配当銘柄に限定して投資を行っていることになります。
配当利回りだけでなく、財務状況や配当継続性も考慮して銘柄を選定しています。

ベンチマークの「MSCIジャパン高配当利回りインデックス」は、J-REITを除く国内の大型株・中型株を対象とした時価総額加重平均型のインデックスです。
高配当優良株のみで構成されているので、組入銘柄数は50以下と少数精鋭となっています。

売買単位は1口なので、少額資金で売買可能です。
楽天証券ならiシェアーズETFが手数料無料で取引可能なのでおすすめです。

組入銘柄

銘柄名 比率
KDDI 5.30%
NTTドコモ 5.10%
日本たばこ産業 5.06%
キヤノン 5.04%
トヨタ自動車 5.03%
本田技研 5.03%
日本電信電話 4.84%
伊藤忠 4.53%
ブリヂストン 4.50%
小松製作所 4.24%

KDDIやドコモ・日本電信電話など連続増配を続けている企業が上位となっています。
配当利回りが5%を超える日本たばこ産業にも投資を行っています。

利回り・パフォーマンスは?

期間別騰落率

期間 ファンド ベンチマーク
1カ月 +0.01% +0.01%
3カ月 -2.69% -3.17%
1年 -10.69% -13.71%
3年 +7.01% +3.75%
設定来 +3.38% +0.49%

年度別騰落率

期間 ファンド ベンチマーク
2018年 -19.17% -21.95%
2017年 +18.63% +15.31%
2016年 +5.99% +2.93%

ファンドの成績には分配金が含んでいるため、ベンチマーク(配当除く)のパフォーマンスよりも上回る成績となっています。

配当金・分配金は?

決算日 分配金(1口当たり)
2019/2/9 31円
2018/8/9 29円
2018/2/9 24円
2017/8/9 21円
2017/2/9 30円

年2回分配金が出されており、2019年4月4日時点での利回りは3.13%となっています。
以前よりも配当金が増えており、利回り的にも高配当と言える水準となります。

投資家からの評判は?

iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETFの評価

iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETFですが、優良高配当銘柄にこれ一つで分散投資できることが評価されています。
信託報酬も割高ではなく、長期保有でインカムゲイン(配当)を得たい方には最適なETFと言えます。

成熟されている大型株を中心としているため大きな値上がり益は期待できませんが、手軽に高配当銘柄に投資したい場合は活用できるETFでしょう。

おすすめな証券会社は?

東証に上場しているETFですので、国内ほぼ全ての証券会社で購入可能となっています。

コストを抑えたい場合、iシェアーズETFが無料で取引できる楽天証券がおすすめです。
10万円以下の少額資金で投資を行いたいなら、手数料無料で取引が行える岡三オンライン証券松井証券SBI証券を利用するのが最適です。

国内株式型ETF
スポンサーリンク
スポンサーリンク
vb93esnbvusをフォローする
ETFではじめる投資ガイド