日経平均ブル2倍 上場投信(1579)の評価・解説

日経平均ブル2倍上場投信は日経平均株価の上昇率2倍の動きを目指す指数である「日経平均レバレッジ・インデックス」に連動したレバレッジ型ETFです。

流動性がまずまずありますが最低購入単価が高いことから、資金量がある程度ある方におすすめできるレバレッジETFとなるでしょう。

スポンサーリンク

日経平均ブル2倍上場投信の詳細

上場市場東京証券取引所
コード1579
ベンチマーク日経平均レバレッジ・インデックス
上場年月日2013年5月9日
信託報酬年0.75%(税別)
純資産総額187.2億円
売買単位10口
最低購入金額165,200円
決算日年1回(2月20日)
信託財産留保額なし
管理会社シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社

信託報酬が他の日経平均レバレッジ型ETFの中では安めのことが特徴です。
ただ流動性はNEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信の方が圧倒的な強さを誇っておりますので、僅かな信託報酬の差を重視しない限りはNEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信で取引するのをおすすめします。

あと最低売買単位は10口となっていますのである程度資金が必要となり、小額で取引したい方には向かないETFと言えます。
ですので本ETFは投資資金を多くお持ちの方が、信託報酬の安さ信託財産留保額がなしの点を気に入るのでしたら利用するのが良いでしょう。

レバレッジETFの注意点

レバレッジタイプのETFは基準日から2日以上離れた日と比較した場合、完全な2倍の基準価格になるということではありません。
詳しくはNEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信のページで解説しておりますのでご参考になればと思います。

利回り・パフォーマンスは?

分配金と配当金は?

決算日分配金
2017年2月20日0円
2016年4月3日0円
2015年4月3日0円
2014年4月3日0円

今まで一回も出しておりません。
そもそもレバレッジ型ETFは長期保有には向いていないですので気にする必要はないかもしれませんね。

ちなみに決算日は2017年度から2月20日に変更されております。

日経平均ブル2倍上場投信の評価

日経平均ブル2倍上場投信は出来高はまずまず多く流動性は高いですが、最低売買単価が他よりも高く小額でETFを取引したい方には向かないETFと言えるでしょう。
ただ信託報酬の安さ、信託財産留保額がなしと言ったメリットも少なからずありますので、多くの投資資金を使ってなるべく低コストに抑えたい方にはぴったりなETFになりますね。

おすすめな証券会社は?

東証に上場していますので、国内の証券会社ほぼ全てで購入可能です。

取引にかかる手数料コストを抑えたいならむさし証券、少ない金額(10万円以下)で取引を行いたいなら松井証券、取引ツールの使いやすさを重視するなら楽天証券GMOクリック証券を利用するのがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする