最安コストで日経平均に投資できる!iシェアーズ 日経225ETF(1329)の評価・解説

  • マネックス証券の米国株・米国ETF最低取引手数料が0.1米ドルに引き下げられました!(7/22からさらに無料に引き下げ)
  • SBI証券の米国株・米国ETF最低取引手数料が無料になる予定です(7/22現地約定分から)
  • 楽天証券の米国株・米国ETFにおける最低手数料が無料に引き下げられる予定です(7/22現地約定分から)
  • 2019年のETFおすすめをまとめました!
  • トライオートETF500円からETF自動積立が可能!

iシェアーズ 日経225ETFは、日経平均株価に連動する動きを目指しているETFになります。
「ブラックロック・グループ」が運用しているiシェアーズ(iShares)シリーズの一つです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iシェアーズ 日経225ETFの詳細

上場市場 東京証券取引所
コード 1329
ベンチマーク 日経平均株価
設定日 2001年9月4日
信託報酬 年0.105%(税別)
純資産総額 5,370億円
決算日 年2回(2月、8月)
売買単位 1口
最低購入単価 23,305円
資産構成 株式…99.79%
キャッシュなど…0.21%
管理会社 ブラックロック

iシェアーズ 日経225ETFの特徴は、最安コストで日経平均株価に投資することが可能ということでしょう。
2016年10月に、年0.17%の信託報酬が年0.13%に引き下げられました。

⇒さらに2017年11月10日付で、年0.105%と再度引き下げが行われています。

信託報酬引き下げによって、それまで最安だった「SMAM 日経225上場投信(年0.14%)」を抜き、最安の日経平均ETFに躍り出ました。

ただ出来高は物足りなく、短期トレードには向いておりません。

また1口単位で購入できますが、基準価額は2万前後となっていますので、少額で取引を行いたい方にも不向きと言えます。

組入業種

組入銘柄

利回り・パフォーマンスは?

期間別騰落率

期間 ファンド ベンチマーク
3カ月 8.87% 8.14%
1年 20.56% 18.49%
3年 45.98% 38.72%
5年 80.96% 66.85%
設定来 188.02% 131.71%

※2018年9月末時点

年次別騰落率

期間 ファンド ベンチマーク
2017年 21.09% 19.10%
2016年 2.20% 0.42%
2015年 10.78% 9.07%
2014年 8.71% 7.12%
2013年 58.89% 56.72%
2012年 25.28% 22.94%

ベンチマークと大きく成績が乖離している理由ですが、ファンドの成績が配当込みでの数値に対して、ベンチマークは配当が含まれていない数値だからです。

配当金・分配金は?

決算日 分配金(1口当たり)
2018/8/9 185円
2018/2/9 163円
2017/8/9 181円
2017/2/9 120円
2016/8/9 208円
2016/2/9 96円
2015/8/9 128円
2015/2/9 114円
2014/8/9 147円

年2回、分配金を出しており、2018年10月11日時点での分配金利回りは1.49%となっています。
競合ETFと比べ若干低くなっており、分配金も重視される方は他のETFを選択する方が良いでしょう。

投資家からの評判は?

iシェアーズ 日経225ETFの評価

iシェアーズ 日経225ETFですが、最安コストで日経平均に投資できることは評価できますが、純資産・出来高は他よりも劣っており、同じベンチマークに中長期で投資するなら、MAXIS日経225上場投信(信託報酬:年0.17%)の方が、より効率的に運用が行えることでしょう。

また短期で日経平均を取引したい方には、流動性が高い日経225連動型上場投資信託がおすすめです。

おすすめな証券会社は?

東京証券取引所に上場しているので、国内のほぼ全ての証券会社で購入可能となっています。

手数料の安さを追及するなら、岡三オンライン証券で取引を行うのが良いと思います。
少額(10万円以下)で取引を行いたいなら松井証券、取引ツールの使いやすさを重視するなら、楽天証券SBI証券GMOクリック証券を利用するのが最適でしょう。

国内株式型ETF
スポンサーリンク
スポンサーリンク
vb93esnbvusをフォローする
ETFではじめる投資ガイド