最安水準コストで投資が可能!ダイワ上場投信−日経225(1320)の評価・解説

ダイワ上場投信−日経225は、日経平均株価の変動率に一致する動きを目指すETFとなります。
「大和証券投資信託委託株式会社」が管理していて、2001年7月からと古くから運用が行われています。

スポンサーリンク

ダイワ上場投信−日経225の詳細

上場市場東京証券取引所
コード1320
ベンチマーク日経平均株価
設定日2001年7月9日
信託報酬年0.16%(税別)
基準価額20,100円
純資産総額21,289億円
決算日年1回(7月)
売買単位1口
最低購入単価20,100円
管理会社大和証券投資信託委託株式会社

ダイワ上場投信−日経225の特徴は、同ベンチマークの競合ETFと比較して、低いコスト(信託報酬)で投資が行えることになります。

信託報酬最安ではありませんが、出来高・純資産総額は問題ないレベルであり、日経平均ETFに長期投資する際は優先して検討するべきでしょう。

組入業種・銘柄ほか

利回り・パフォーマンスは?

期間ファンドベンチマーク
1カ月-0.6%-0.5%
3カ月+3.9%+3.8%
6カ月+5.5%+4.6%
1年+22.3%+20.3%
3年+33.9%+27.6%
5年+148.4%+129.2%
設定来+98.6%+61.9%

ファンドの成績は配当が含まれた数値となっているため、配当を含まないベンチマークよりも長期になるほど成績が上回っております。

※2017年7月31日時点

配当金・分配金は?

決算日分配金(1口当たり)
2017/7309円
2016/7270円
2015/7246円
2014/7202円
2013/7173円
2012/7128円
2011/7148円

毎年1回、分配金を出しており、2017年8月6日時点での分配金利回りは1.52%です。
現在は日経平均が過熱気味の価格帯となっているため、利回りとしては低い水準となっています。

ダイワ上場投信−日経225の評価

ダイワ上場投信−日経225ですが、信託報酬が最安水準となっており、出来高もそこそこ高いことから、短期・中長期に問わず投資が行えることが魅力的になります。

ただ証券会社によって決められたコスト(手数料)がかかってしまいます。
徹底的にコストを抑えたい方は、カブドットコム証券で無料で取引できるMAXIS日経225上場投信(信託報酬:年0.17%)を選ぶのがおすすめです。

おすすめな証券会社は?

東証に上場していますので、国内の証券会社ほぼ全てで購入可能です。

取引にかかるコストを、なるべく安く抑えたいならむさし証券、少額(10万円以下)で取引を行いたいなら松井証券、取引ツールの使いやすさを求めるなら楽天証券GMOクリック証券を利用するのがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする