楽天証券内ならタダで取引できる!楽天225ダブルブル(1458)の評価・解説

楽天225ダブルブル(1458)は楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型とも呼ばれ、日経平均株価の騰落率プラス2倍の値動きをするETFです。

スポンサーリンク

楽天225ダブルブルの詳細

上場市場東京証券取引所
コード1458
ベンチマーク日経平均レバレッジ
上場年月日2015年7月15日
信託報酬年0.378%
基準価額(株価)9,009円
純資産総額約40億円
出来高(月間)2,048,082株
売買単位1口
最低購入金額9,009円
決算日年1回(3月15日)
信託財産留保額なし
管理会社楽天投信投資顧問株式会社

楽天225ダブルブルですが、信託報酬がその他の日経平均のブル型2倍レバレッジETFの中で最安です。
楽天証券で取引すれば売買手数料無料ですのでさらにコストを抑えることが出来るのは嬉しいですね。

元々の信託報酬も安く、尚且つ楽天証券なら無料で取引できるのが最大の特徴(メリット)と言っていいでしょう。

組入比率

資産比率
株式0%
公社債0%
短期金融資産ほか100%
株式先物(日経225)216.4%
※実質エクスポージャーを基に構成比を計算。

利回り・パフォーマンスは?

1ヶ月3ヶ月6ヶ月1年
ファンド+3.9%+12.0%+10.5%+65.9%
インデックス+3.8%+11.9%+8.9%+61.0%

ベンチマークを上回る成績を残しており、乖離率が低い点が評価できます。

出来高・流動性は?

年月月間出来高
2017年6月2,330,638株
2017年3月2,757,524株
2016年12月3,613,117株
2016年9月3,478,132株
2016年6月4,236,631株
2016年3月4,389,674株

ここ半年で、以前に比べて出来高が少なくなっているのが気になります。

配当金・分配金は?

今まで一回も出しておらず効率的に運用が行われています。

楽天225ダブルブルの評価

レバレッジETFなので変動リスクも大きいですが、短期保有で勝負するなら投資する価値のあるETFでしょう。
流動性はさすがにNEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信には敵いませんが問題ないレベルだと思います。

最低購入金額も、他と比べて安く購入できることがメリットと言えますね。

短期で日経平均が上昇する見込みがある時に購入するのがおすすめです。
楽天証券なら売買手数料無料で取引が行えますので、大きく上昇しそうな相場の時に積極的に活用したいですね。

楽天225ダブルブルを購入できる会社はこちら

おすすめ会社楽天証券(手数料無料)
松井証券(10万円未満なら手数料無料)
スポンサーリンク

シェアする