フリーETF対象!MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(1593)の評価と概要

MAXIS JPX日経インデックス400上場投信は、JPX日経インデックス400に連動する動きを目指しているETFになります。

このETF一つで投資魅力度の高い、国内400社の企業に分散して投資が行えることになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MAXIS JPX日経インデックス400上場投信の詳細

上場市場 東京証券取引所
コード 1593
ベンチマーク JPX日経インデックス400
設定日 2014年2月5日
基準価額(株価) 14,633円
信託報酬 年0.078%(税別)
純資産総額 約2,014億円
売買単位 1口
最低購入単価 14,633円
決算日 年2回(1/16、7/16)
信託財産留保額 無料
資産構成 国内株式組入比率…100%
内 現物…98.35%
内 先物…1.65%
管理会社 三菱UFJ国際投信

MAXIS JPX日経インデックス400上場投信の最大の特徴は、何と言ってもフリーETFの対象ETFですからカブドットコム証券内では無料で取引できることでしょう。

少しでもコストを抑えて運用を行いたい投資家にとっては、本当にありがたいサービスです。
私ももちろんフル活用させてもらっています。

またMAXIS JPX日経インデックス400をベンチマークとするETFの中では、最安の信託報酬ですので保有時に毎日かかるコストが最も安くなります。
何らかの理由がない限り、長期投資には最優先で利用したいETFと言えるでしょう。

純資産総額も順調に積み上がっていて、さらに出来高もかなり増えているので流動性の面でも改善されてきています。
長期だけでなく短期投資にも活用できるETFになりましたね!

組入上位10業種

組入上位15銘柄

組入銘柄は、東証一部、東証二部、東証マザーズ、JASDAQ市場の中から、営業利益などの経営状況や時価総額、ROE(自己資本利益率)を基に、全400銘柄が最終的に選び抜かれております。

組入上位銘柄を見ると、大手メガバンクを筆頭にトヨタ、ソフトバンクなど一流企業が上位を占めていることがわかります。

パフォーマンス・利回りは?

期間 リターン
1カ月 2.81%
3カ月 6.33%
6カ月 6.57%
1年 30.22%
3年(年率) 32.57%
設定来 46.02%

パフォーマンスですが、競合するETFとほぼ同水準の運用成績となっております。

純資産総額の推移は?

期間 純資産総額
2017年5月31日 1,913億円
2017年2月28日 1,696億円
2016年11月30日 1,527億円
2016年8月31日 1,289億円
2016年5月31日 1,133億円
2016年2月29日 857億円

ここ1年で、倍近くも純資産が増加しています。

配当金・分配金は?

決算日 分配金(1口当たり)
2017/7 142円
2017/1 108円
2016/7 90円
2016/1 107円
2015/7 141円
2015/1 53円

本ETFは毎年2回の決算で、どちらも分配を出しております。
2017年7月24日時点での分配金利回りは1.71%と、以前よりかは利回りが高くなっています。

投資家の評判は?

MAXIS JPX日経インデックス400上場投信の評価

MAXIS JPX日経インデックス400上場投信は、フリーETFを利用することでタダで売買が行える大変優れたETFとなります。

フリーETFを利用しなくても、流動性・純資産総額・信託報酬なども競合ETFと比較してトップクラスになりますので、「MAXIS JPX日経インデックス400」をベンチマークとするETFに投資したい場合は最有力のETFと言えるでしょう。

MAXIS JPX日経インデックス400上場投信を購入できる会社はこちら

証券会社 ポイント
カブドットコム証券 無料で取引できるフリーETFは魅力
GMOクリック証券 現物・信用手数料が共に業界最安水準
ライブスター証券 ほぼすべての手数料プラン業界最安水準
SBI証券 海外ETFで手数料最安水準
楽天証券 楽天レバレッジETF手数料無料
マネックス証券 米国ETFが実質手数料無料になるゼロETFがある
国内株式型ETF
スポンサーリンク
スポンサーリンク
vb93esnbvusをフォローする
ETFではじめる投資ガイド