日経平均の2倍の値動き!?NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(1570)の評価・解説

NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信は日経平均株価の上昇率2倍の動きを目指す指数である「日経平均レバレッジ・インデックス」に連動したレバレッジ型ETFです。

流動性がかなり高く、短期トレードで利益を狙いたい方にはぴったりなETFとなるでしょう。

スポンサーリンク

NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信の詳細

上場市場東京証券取引所
コード1570
ベンチマーク日経平均レバレッジ・インデックス
設定日2012年4月10日
(上場:2012年4月12日)
信託報酬年0.80%(税別)
基準価額16,076円
純資産総額2,392億円
平均出来高401万株
売買単位1口
最低購入単価16,076円
決算日年1回(5月20日)
信託財産留保額0.05%
信託期間無期限
管理会社野村アセットマネジメント株式会社

最大の特徴は日経平均レバレッジETFとしては他を圧倒する出来高を誇っていることでしょう。
レバレッジETFは流動性が重要になってきますので、出来高の多さから本ETFが一番おすすめできます。

その分信託報酬がやや高めですが、短期取引で利用する際にはあまり気にする必要はないでしょう。

過去の値動きを見ると日経平均よりも大きく上下に変動していますので、レバレッジETFである本ETFはややハイリスク・ハイリターンな銘柄となります。

レバレッジETFの注意点

レバレッジタイプのETFは基準日から2日以上離れた日と比較した場合、完全な2倍の基準価格になるということではありません。
日経平均株価が半年後20%上昇していたとしても、必ずしもレバレッジETFが40%上昇しているわけではないということです。

あと値動きの少ないレンジ相場ではレバレッジの特性上、下落が進んでしまいます。

もちろん上昇トレンドが長く続く場合は2倍以上のリターンとなる場合もありますが、長期的に保有すればするほど下落リスクがつきまといますので、長期投資には向かないETFと言えるでしょう。

利回り・パフォーマンスは?

期間ファンドベンチマーク
1カ月3.9%3.8%
3カ月11.9%11.9%
6カ月10.2%8.9%
1年64.8%61.0%
3年59.3%51.6%
設定来267.9%241.5%

出来高・流動性は?

年月月間出来高
2017年6月120,424,081株(約1億2042万枚)
2017年3月123,699,245株(約1億2369万枚)
2016年12月173,512,785株(約1億7351万枚)
2016年9月178,744,859株(約1億7874万枚)
2016年6月383,762,915株(約3億8376万枚)
2016年3月373,865,912株(約3億7386万枚)

昨年よりも流動性が乏しくなっていますが、現在でも出来高ランキングの常連となっています。

純資産の推移

期間純資産総額
2017年5月末約2,892億円
2016年12月末約3,334億円
2016年5月末約6,594億円
2015年12月末約7,344億円
2015年5月末約1,785億円
2014年12月末約2,561億円

2015年末頃に大口の買いが入った影響で、大幅に純資産を増やしましたが、その後の相場停滞による利益確定の動きで、大きく資産を減らしています。

分配金と配当金は?

今まで一回も出しておりません。
そもそも長期保有には向いていない銘柄ですので気にする必要はないかもしれませんね。

NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信の評価

圧倒的な流動性の高さから、日経平均のレバレッジETFで短期取引を行う場合は本ETFで決まりでしょう。
上昇トレンドが発生した際に上手く乗れれば、短期でも大きな利益を生み出すことができます。

ただレバレッジETFはリターンが2倍になる代わりに、下落時はマイナスリターンも2倍になりますので、十分なリスク管理のもとで取引を行うようにしたいですね。

おすすめな証券会社は?

東証に上場している為、国内のほぼすべての証券会社で購入可能です。

手数料の安さを求めるのであれば、ライブスター証券むさし証券で取引を行うのが良いでしょう。
取引ツールの使いやすさと利便性を重視するなら、楽天証券SBI証券GMOクリック証券を利用するのが良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする