純資産トップクラスの古株ETF!上場インデックスファンドTOPIX(1308)の評価と詳細

上場インデックスファンドTOPIXは東証株価指数(TOPIX)に連動するパフォーマンスを目指しているETFとなります。
運用期間は15年以上にわたる古株のETFです。

スポンサーリンク

上場インデックスファンドTOPIXの詳細

上場市場東京証券取引所
コード1308
ベンチマークTOPIX
設定日2001年12月20日
(上場は2002年1月9日)
信託報酬年0.088%(税別)
基準価額(株価)1,768円
純資産総額33,926億円
出来高(月間)6,675,200株
売買単位100株
最低購入金額176,800円
決算日年1回(7/8)
信託財産留保額なし
資産構成株式:99.75%
現金・その他資産:0.25%
銘柄数:2,061銘柄
管理会社日興アセットマネジメント

上場インデックスファンドTOPIXは、信託報酬が年0.088%と他と比べて、比較的安めであることが評価できます。
ただ売買単位が100株ですので、最低購入金額も跳ね上がり16万円以上と、通常株を買うのと変わらないぐらいの資金が必要となります。
この点が少額資金で投資を行いたい方にとっては、利用しにくいETFと言えますね。

10万円以上の約定金額になりますので、松井証券ボックススレート(約定金額10万円以下は無料)にも当てはまらず、活用できないのが残念です。

昔からある古株ETFなだけに、純資産総額と流動性はトップレベルになります。
しかしこれもTOPIX連動型上場投資信託という純資産&出来高NO.1のETFが君臨していますので、本ETFを活用するメリットがあまりないと言わざるを得ないですね。

組入業種

業種比率
電気機器13.07%
輸送用機器8.34%
銀行業8.04%
情報・通信業7.98%
化学6.95%
機械5.04%
小売業4.65%
医薬品4.57%
食料品4.56%
卸売業4.35%

組入銘柄

銘柄比率
トヨタ自動車3.19%
三菱UFJフィナンシャル・グループ2.12%
日本電信電話1.84%
ソフトバンクグループ1.68%
三井住友フィナンシャルグループ1.38%
ソニー1.30%
KDDI1.21%
本田技研工業1.18%
キーエンス1.10%
みずほフィナンシャルグループ1.08%

本ETFを購入することによって、東証に上場しているすべての銘柄に投資が行えます。
日経平均をベンチマークとするETFよりも、分散が効いた投資が可能になります。

利回り・運用成績は?

期間リターンベンチマーク
1カ月-2.05%-2.94%
3カ月-4.69%-5.57%
6カ月+3.56%+2.48%
1年+13.93%+13.47%
年初来-4.69% -5.57%
設定来+74.35%+69.52%

※上記成績は2018年3月30日時点

期間リターンベンチマーク
2017年+20.18%+19.69%
2016年-1.88%-1.85%
2015年10.41%9.93%
2014年8.38%8.08%
2013年51.79%51.46%
2012年18.68%18.01%

ベンチマークとしているTOPIXは、アメリカ株式の好調を受けて上昇しています。
ファンドの成績は信託報酬控除後のリターンとなっています。

純資産の推移

期間純資産総額
2017年6月約23,546億円
2017年1月約17,581億円
2016年6月約12,707億円
2016年1月約12,936億円
2015年6月約12,457億円
2015年1月約8,811億円

相場軟調時には停滞していましたが、大局的には右肩上がりの増加となっています。
TOPIX ETFとしても、純資産トップクラスの水準になります。

出来高・流動性は?

年月月間出来高
2017年6月11,140,000株
2017年3月5,867,200株
2016年12月14,421,500株
2016年9月5,100,500株
2016年6月12,329,800株
2016年3月11,111,800株

分配金・配当金は?

決算日分配金利回り
2017年7月8日2,578円1.59%
2016年7月8日2,566円2.11%
2015年7月8日2,189円1.37%
2014年7月8日2,076円1.62%

毎年分配が出されていて、現時点(2018.02.28)での分配金利回りは1.43%となっております。
2016年は価格が底値での分配でしたので、利回りが高くなっております。

利回り的には、他のTOPIXファンドと比べて同水準になります。
さらに高い利回りで運用を行っていきたい方は、比較的高利回りであるiシェアーズTOPIX ETFが最適だと言えるでしょう。

上場インデックスファンドTOPIXの評価

上場インデックスファンドですが、少額の資金で投資、またはコツコツと積立を行いたい方には不向きなETFですが、ある程度まとまった資金で買付するなら、出来高はまずまずありますので検討する価値はあると思います。

ただ長期目的であれば、フリーETF対象銘柄で無料で取引できるMAXIS トピックス上場投信を利用する方が、効果的に運用を行っていけるでしょう。

おすすめな証券会社は?

東証に上場していますので、国内の証券会社ほぼ全てで購入可能です。

取引にかかるコストをなるべく安く抑えたいならDMM株、少額(10万円以下)で取引を行いたいなら岡三オンライン証券楽天証券松井証券、取引ツールの使いやすさを求めるならGMOクリック証券を利用するのがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする