ローリスクのデフィフェンシブETF!【VGSH】バンガード・米国短期国債ETFの評価と概要

【VGSH】バンガード・米国短期国債ETF

【VGSH】バンガード・米国短期国債ETFは、米国の短期投資適格債券に投資しているETFになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【VGSH】バンガード・米国短期国債ETFの詳細

上場市場 NASDAQ(ナスダック)
コード VGSH
ベンチマーク ブルームバーグ・バークレイズ米国 国債浮動調整(1-3年)インデックス
設定日 2009年11月19日
信託報酬 年0.07%(税別)
純資産総額 52億米ドル
売買単位 1株
最低購入単価 6,430円
決算日 毎月
管理会社 ザ・バンガード・グループ・インク

【VGSH】バンガード・米国短期国債ETFは、アメリカの短期国債に幅広く投資できることが特徴です。
低リスクと言われる残存期間1~3年までの短期債券で運用されています。

最高格付け「Aaa」の米国国債に投資しているため、安全性の高い債券ETFとなります。

経費率は0.07%と最安ではありませんが、他のバンガードETF同様、超低コストで運用できることが魅力ですね。

毎月分配金を出しており、安定的に配当を受け取りたい方には最適なETFとなるでしょう。

主なデータ

構成債券銘柄数 94銘柄
平均デュレーション 1.9年
平均残存期間 2.0年
実効利回り 1.8%
平均クーポン 2.1%

格付別構成比率

信用格付 比率
米国政府 99.8%
AAA 0.2%
AA 0%
A 0%
BBB 0%
BAA未満 0%

日本国債よりも格付けが高い米国国債に投資を行っています。

残存期間別構成比率

残存期間 比率
1年未満 1.6%
1 – 3年 98.4%

発行体別構成比率

発行体 比率
国債 99.8%
その他 0.2%

信用力の高い投資適格債券で構成されており、ほぼ全てが国債となっています。

利回り・パフォーマンスは?

期間別騰落率

期間 ファンド BND
3ヵ月 +1.18% +3.33%
年初来 +2.36% +6.40%
1年 +3.91% +8.13%
3年 +1.23% +2.09%
5年 +1.15% +2.99%
設定来 +1.01%

年間別騰落率

年間 ファンド BND
2018年 +1.55% -0.08%
2017年 +0.28% +3.54%
2016年 +0.89% +2.54%
2015年 +0.45% +0.49%
2014年 +0.49% +5.87%
2013年 +0.35% -2.11%
2012年 +0.38% +3.99%
2011年 +1.39% +7.86%
2010年 +2.24% +6.25%
2009年 -0.46% +3.46%

※2019年7月末現在

値動きが非常に安定しており、ローリスクな分ローリターンでもあります。
そのためキャピタルゲインによる利益は期待しない方が良いでしょう。

同じ米国債券に投資する【BND】バンガード・米国トータル債券市場ETFとパフォーマンスを比べたところ、BNDの方が価格変動が大きくリスクも高くなっています。

債券ETFでもリターンを狙いたい場合はBND、手堅く配当金のみでOKな場合は本ETFを選ぶようにしましょう。

配当金・分配金は?

決算日 分配金(1口当たり)
2019/8 0.121800米ドル
2019/7 0.115600米ドル
2019/6 0.124400米ドル
2019/5 0.118800米ドル
2019/4 0.125600米ドル
2019/3 0.110500米ドル
2019/2 0.124600米ドル
2019/1 0.111400米ドル
2018/12 0.103700米ドル
2018/11 0.106100米ドル
2018/10 0.102200米ドル
2018/9 0.100000米ドル

分配を毎月出しており、2019年8月13日時点での分配金利回りは2.24%となっています。
短期国債のため、金利変動の影響を受けるのが早いです。

投資家からの評判は?

【VGSH】バンガード・米国短期国債ETFの評価

【VGSH】バンガード・米国短期国債ETFですが、低いコストで米国短期国債に分散投資できることが評価されています。
ボラティリティは非常に安定していますので、リスクを抑えて毎月配当金を得たい場合におすすめです。

下落相場に備えてポートフォリオの一部に加えておくことで、保有資産の安全性を高めることができます。
大きな損失は怖いという方や、とにかく低リスクで運用したい場合に活用してみましょう。

【VGSH】バンガード・米国短期国債ETFを購入できる会社はこちら

本ETFは海外ETFとなりますので、扱っている会社は下記となります。

証券会社 ポイント
SBI証券 米国株式・ETFの最低手数料が無料
米国ETFを定期積立できるサービスあり。
海外ETFに低コストで投資可能。
マネックス証券 米国株式・ETFの最低手数料が0円
約3,000銘柄以上の米国株取り扱い。
米国ETFが実質手数料無料になるゼロETFがある。
米国株の時間外取引が可能。
楽天証券 米国ETFにおける最低取引手数料が無料
楽天レバレッジETFは手数料無料。
90日の指値期間。
サクソバンク証券 他社を引き離す業界最安の手数料が魅力。
米国ETF含めて6,000銘柄以上を取り扱っている。
海外ETF
スポンサーリンク
スポンサーリンク
vb93esnbvusをフォローする
ETFではじめる投資ガイド