最安コストで米国株式全体に投資できる!SPDR® ポートフォリオ米国トータル・ストック・マーケットETF(SPTM)の評価と概要

SPDR® ポートフォリオ米国トータル・ストック・マーケットETF(SPTM)は、米国株式全体に幅広く投資が行えるETFになります。
2018年7月から国内の証券会社で取り扱いが始まっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SPDR® ポートフォリオ米国トータル・ストック・マーケットETF(SPTM)の詳細

上場市場 NYSEアーカ取引所(NYSE Arca)
コード SPTM
ベンチマーク SSGAトータル・ストック・マーケット指数
設定日 2000年10月4日
信託報酬 年0.03%(税別)
純資産総額 20億米ドル
売買単位 1株
決算日 年4回(3月、6月、9月、12月)
管理会社 ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社

SPDR® ポートフォリオ米国トータル・ストック・マーケットETF(SPTM)の特徴は、これ一つで米国株式の小型~大型株全体に分散投資が行えることでしょう。

保有コストは年0.03%と、国内最安の米国株式ファンドです。
同じ米国株式全体に投資を行うバンガード・トータル・ストック・マーケット(年0.04%)よりも、信託報酬が低くなっています。

またベンチマークも異なっており、本ファンドは「SSGA トータル・ストック・マーケット指数」を連動対象としています。
構成銘柄は約2,800銘柄と、若干バンガード・トータル・ストック・マーケットよりも少ないです。

ちなみにですが、2017年10月以前は「ラッセル3000」をベンチマークとしておりました。
全株対象としたことで、国外でも今後のパフォーマンスが注目されています。

業種別構成比率

国名 比率
金融サービス 21.23%
テクノロジー 19.29%
一般消費財・サービス 13.87%
ヘルスケア 13.87%
生産者向け耐久財 11.03%
生活必需品 6.47%
エネルギー 5.98%
公益事業 5.02%
素材・加工 3.78%
その他 0.11 %

構成銘柄比率

国名 比率
アップル 3.37%
マイクロソフト 2.62%
アマゾン 2.29%
フェイスブック 1.48%
JPモルガン・チェース 1.45%
ジョンソン&ジョンソン 1.24%
エクソン・モービル 1.23%
アルファベット 1.19%
バンク・オブ・アメリカ 1.08%
ウェルズ・ファーゴ 1.02%

アップルやアマゾンなど、世界の大企業が上位に名を連ねています。

利回り・パフォーマンスは?

期間別騰落率

期間 ファンド ベンチマーク
3ヵ月 -0.72% -0.72%
1年 +13.77% +13.84%
3年 +10.23% +10.24%
5年 +13.04% +12.99%
10年 +9.63% +9.59%

※2018年3月末現在

ベンチマークとほぼ同リターンとなっており、上手く連動が取れていることがわかります。

投資家からの評判は?

SPDR® ポートフォリオ米国トータル・ストック・マーケットETF(SPTM)の評価

SPDR® ポートフォリオ米国トータル・ストック・マーケットETF(SPTM)ですが、国内最安コストで米国株式全体に投資できることが評価されています。
競合のバンガードETFと僅か0.01%の違いではありますが、常に最安コストでの運用を考えている方には最適なファンドと言えます。

ただベンチマークが異なるので、今後のパフォーマンス比較を行う必要があるかと思います。
しかし今までバンガード一択だった状況を考えると、選択肢が増えたことは素直に歓迎すべきことでしょう。

本ファンドを含めた低コスト海外ETFの登場で、個人投資家のETF普及に向けた起爆剤になるか注目です。

SPDR® ポートフォリオ米国トータル・ストック・マーケットETF(SPTM)を購入できる会社はこちら

本ETFは海外ETFとなりますので、扱っている会社は下記となります。

証券会社 ポイント
SBI証券 海外ETFで手数料最安水準
マネックス証券 米国ETFが実質手数料無料になるゼロETFがある
楽天証券 楽天レバレッジETF手数料無料
海外ETF
スポンサーリンク
スポンサーリンク
vb93esnbvusをフォローする
ETFではじめる投資ガイド