驚異パフォーマンスのナスダック100指数に投資可能!パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1の評価と概要

パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1は、ナスダック100指数(NASDAQ-100)に連動する動きを目指す米国ETFとなります。

スポンサーリンク

パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1の詳細

上場市場NASDAQ(ナスダック)
コードQQQ
ベンチマークナスダック100指数
設定日1999年3月10日
信託報酬年0.20%(税別)
純資産総額628億米ドル
出来高(月間)117,984万株
売買単位1株
最低購入単価17,848円
決算日年4回(3月、6月、9月、12月)
資産構成米国株式…95.27%
米国株式以外の株式…4.59%
債券・・・0%
キャッシュ…0.12%
その他…0%
管理会社インベスコ・パワーシェアーズ・キャピタル・マネジメント LLC

パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1の特徴は、NASDAQに上場している企業のうち時価総額上位の100社に投資を行えることになります。

ナスダック100指数の構成銘柄は企業としての成長を重視しており、他のインデックスと比べて値動きが大きいことが特徴です。
金融を除くITやバイオテクノロジー分野の企業が中心となっており、アップルやアマゾンなどここ数十年で大きく成長を遂げた銘柄で構成されています。

そしてここ数年のパフォーマンスはS&P500NYダウを上回っています。
2008年のリーマンショックから実に6倍以上の上昇となっています。

ナスダック100指数をベンチマークとする他のETFは、国内ETFで「NEXT FUNDS NASDAQ-100® 連動型上場投信」がありますが、信託報酬が年0.45%とやや高めであり、最低購入単価も10口からとまとまった資金が必要であることが難点です。

本ETFは年0.20%と半分以下のコストで投資でき、米国ETFですので1口から売買可能とまとまった資金も必要ありません。

業種別構成比率

国名比率
情報技術61.09%
一般消費財20.8%
ヘルスケア10.24%
生活必需品4.75%
資本財2.19%
電気通信0.93%

構成銘柄比率

国名比率
アップル11.86%
マイクロソフト9.01%
アマゾン7.69%
フェイスブック5.74%
アルファベットC4.99%
アルファベットA4.29%
インテル2.95%
シスコシステムズ2.58%
コムキャスト2.55%
アムジェン1.72%

アップルやアマゾン、マイクロソフトなど世界を代表するテクノロジー企業を中心に構成されています。
NYダウやS&P500の上位銘柄と異なる点として、金融銘柄がなく「アムジェン」などのバイオテクノロジー銘柄に多く投資している点になります。

現在の構成銘柄は106銘柄となっております。
上位10位の銘柄は全体の半数近くを占めておりますので、ファンドの値動きに大きな影響を与えます。

利回り・パフォーマンスは?

期間別騰落率

期間(年率平均)ファンドベンチマーク
1年32.72%32.99%
3年15.86%16.12%
5年20.41%20.68%
10年12.81%13.05%
設定来6.76%6.98%

※2017年12月末現在

年間別騰落率

年間ファンドベンチマーク
2017年32.66%32.99%
2016年7.10%7.27%
2015年9.45%9.75%
2014年19.16%19.40%
2013年36.92%
2012年18.35%
2011年3.65%

ベンチマークとほぼ乖離がなく、上手く連動が取れていることがわかります。

配当金・分配金は?

決算日分配金(1口当たり)
2018/30.27655米ドル
2017/120.32941米ドル
2017/90.31938米ドル
2017/60.37842米ドル
2017/30.27415米ドル
2016/120.35494米ドル
2016/90.29387米ドル
2016/60.28665米ドル
2016/30.31780米ドル
2015/120.34233米ドル

年4回、四半期ごとに分配金を出しており、2018年3月21日時点での分配金利回りは0.78%前後となっています。
分配金をあまり出さない企業で構成されておりますので、利回りはおまけ程度と考える方が良いでしょう。

パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1の評価

パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1ですが、好パフォーマンスが続いているナスダック100指数に、低コストで投資できるETFであることが評価できます。

ボラティリティが高いので下落時のリスクも大きいですが、ポートフォリオの一部に組み込むなら期待できるリターンを考えると投資するのもアリかと思います。

組み入れ銘柄は自動的に変更されるため、時代の変化に合わせてその時代の先進的な企業に投資を行う形となります。
全て時価総額の高い銘柄ということもあり、倒産リスクが小さいこともメリットと言えます。

NYダウやS&P500では満足できないという方に、今おすすめの米国ETFと言えるでしょう。

パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1を購入できる会社はこちら

本ETFは海外ETFとなりますので、扱っている会社は下記となります。
今後海外ETFを扱う会社が、もう少し増えてもらえると嬉しいですね。

証券会社ポイント
楽天証券海外ETF取り扱いNo.1、楽天レバレッジETF手数料無料
SBI証券手数料が安く利便性も高い
マネックス証券米国ETFが実質手数料無料になるゼロETFがある
スポンサーリンク

シェアする