最安コストで米国高配当銘柄に投資できる!SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式(SPYD)の評価と概要

  • 2019年のETFおすすめをまとめました!
  • 楽天証券なら「iシェアーズ」「MAXIS」シリーズETFが手数料無料で取引可能!
  • 6/28(金)まで!SBI証券で「MAXIS」シリーズ対象ETFを取引すると手数料全額キャッシュバック!
  • トライオートETF500円からETF自動積立が可能!

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式(SPYD)は、米国の高配当銘柄に投資が行えるETFになります。
国内でも人気のSPDR(スパイダー)シリーズの一つとして、2015年10月21日に設定されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式(SPYD)の詳細

上場市場 NYSEアーカ取引所(NYSE Arca)
コード SPYD
ベンチマーク S&P 500® 高配当指数
設定日 2015年10月21日
信託報酬 年0.07%(税別)
純資産総額 13.40億米ドル
出来高(平均) 1,386万株
売買単位 1株
最低購入単価 4,229円
決算日 年4回(3月、6月、9月、12月)
管理会社 ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ (SSgA)

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式(SPYD)の特徴ですが、米国高配当ETFの中では最安コストで投資できることになります。
競合ETFであるバンガード 米国高配当株式 ETF(VYM)iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF(HDV)よりも低い信託報酬(年0.07%)となっています。

設定当初は年0.08%のコストでしたが、その後引き下げが行われて、現在は最も低い保有コストになりました。

ベンチマークの「S&P 500® 高配当指数」は、S&P500銘柄のうち配当上位80銘柄で構成されています。
他の高配当指数と異なる点は、時価総額加重平均などではなく、均等に分散投資している点です。

時価総額の小さい会社が採用されやすいですので、小型株効果によって大きなリターンを期待することができます。

セクター別構成比率

国名 比率
不動産 23.89%
公益事業 20.44%
一般消費財・サービス 12.13%
生活必需品 8.89%
エネルギー 8.86%
情報技術 6.45%
金融 6.20%
ヘルスケア 4.14%
コミュニケーション・サービス 4.06%
資本財・サービス 2.58%

SPYDは「不動産」「公益事業」セクターで、ほぼ半分近くを占めていることが特徴です。
特にREITの不動産株が多いことは珍しく、アメリカ不動産に多く投資したい方には最適なETFと言えます。

2番手の公益事業セクターは景気に左右されにくいですので、不況に弱い不動産の弱点を上手くリスク分散した商品となります。

構成銘柄比率

国名 比率
クアルコム 1.54%
ファイザー 1.47%
ヘルマリック・アンド・ペイン 1.46%
センチュリーリンク 1.42%
イートン・コーポレーション 1.40%
ターゲット・コーポレーション 1.40%
ユーディーアール 1.39%
ガーミン 1.39%
カーディナルヘルス 1.38%
ゼロックス 1.36%

導体・ソフトウェアメーカーの「クアルコム」や総合医薬品メーカー「ファイザー」などで構成されています。
全体的には国内で馴染みのない企業が並んでおります。

構成銘柄は80銘柄前後と多くなく、iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF(HDV)と同じ少数精鋭です。
ただ均等配分投資ですので、上位銘柄の値動きがパフォーマンスに与える影響は小さくなっています。

利回り・パフォーマンスは?

期間別騰落率

期間 ファンド ベンチマーク
3ヵ月 -8.04% -8.05%
1年 -4.77% -4.75%
3年 +10.19% +10.31%
設定来 +8.98% +9.11%

※2018年12月末現在

年間別騰落率

年間 ファンド ベンチマーク
2018年 -2.93% -2.85%
2017年 10.04% 10.22%
2016年 27.41% 27.76%
2015年 27.56%
2014年 43.02% 43.89%

過去3年のETFの配当金込みパフォーマンスは、なんとS&P500指数に勝っております。
バンガード 米国高配当株式 ETF(VYM)iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF(HDV)S&P500指数に劣っているので、かなり健闘していると言っていいでしょう。

配当金・分配金は?

決算日 分配金(1口当たり)
2018/12 0.443米ドル
2018/9 0.456米ドル
2018/6 0.376米ドル
2018/3 0.349米ドル
2017/12 0.712米ドル
2017/9 0.363米ドル
2017/6 0.343米ドル
2017/3 0.318米ドル

四半期ごとに分配金を出していて、2019年3月13日時点での分配金利回りは4.27%前後となっています。
業合ETFと比べてもかなり高い水準の配当利回りです。

投資家からの評判は?

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式(SPYD)の評価

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式(SPYD)ですが、米国高配当銘柄に最も低いコストで投資できることが評価されています。
また高い配当利回りでありながら、好パフォーマンスも残していることが魅力です。

高配当を臨時収入として得るだけでなく、「不動産×公益事業」というバランスの良いポートフォリオで、リターンも追求できる面白いETFと言えます。

他とは違う銘柄に均等分散投資を行っており、異なる性質の商品をポートフォリオに組み入れたいという方には、おすすめのETFになると思います。

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式(SPYD)を購入できる会社はこちら

本ETFは海外ETFとなりますので、扱っている会社は下記となります。
今後海外ETFを扱う会社が、もう少し増加すると嬉しいですね。

証券会社 ポイント
マネックス証券 業界最大の約3,000銘柄以上の米国株取り扱いが魅力。
で米国ETFが実質手数料無料になるゼロETFがある
SBI証券 海外ETFで手数料最安水準。
取り扱い数も多め。
楽天証券 米国預託証券(ADR)の取り扱いは業界最多。
楽天レバレッジETF手数料無料
海外ETF
スポンサーリンク
スポンサーリンク
vb93esnbvusをフォローする
ETFではじめる投資ガイド