BNDを上回るパフォーマンスの世界債券ETF!バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF(米ドルヘッジあり)(BNDX)の評価と概要

  • マネックス証券の米国株・米国ETF最低取引手数料が0.1米ドルに引き下げられました!(7/22からさらに無料に引き下げ)
  • SBI証券の米国株・米国ETF最低取引手数料が無料になる予定です(7/22現地約定分から)
  • 楽天証券の米国株・米国ETFにおける最低手数料が無料に引き下げられる予定です(7/22現地約定分から)
  • 2019年のETFおすすめをまとめました!
  • トライオートETF500円からETF自動積立が可能!

バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF(米ドルヘッジあり)(BNDX)

バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF(米ドルヘッジあり)(BNDX)は、アメリカ以外の世界の国債を投資対象としているETFになります。
2019年2月26日より経費率が引き下げられ、年0.11%から年0.09%の信託報酬となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF(米ドルヘッジあり)(BNDX)の詳細

上場市場 NASDAQ(ナスダック)
コード BNDX
ベンチマーク ブルームバーグ・バークレイズ・グローバル総合(米ドル除く)浮動調整RIC基準インデックス(米ドルヘッジベース)
設定日 2013年5月31日
信託報酬 年0.09%(税別)
純資産総額 183億米ドル
売買単位 1株
最低購入単価 6,184円
出来高平均
(1日)
1,241,943株
決算日 毎月
管理会社 ザ・バンガード・グループ・インク

バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF(米ドルヘッジあり)(BNDX)は、米国を除く世界各国の債券に分散投資できることが特徴です。
世界各国といっても日本が2割以上を占めており、やや分散性に乏しいと言えます。

人気のバンガードETFだけあって取引は活発に行われており、流動性の心配はありません。
米ドルベースで為替ヘッジを行っているので、円ベースでは為替リスクを伴います。

2019年2月に信託報酬改定が行われて、年0.09%に引き下げられました。
米国債券を投資対象とする【BND】バンガード・米国トータル債券市場ETF(年0.04%)よりも少し割高ですが、年0.1%を切るコストで世界債券に投資できることは魅力と言えます。

本ETFは毎月分配のETFとなっており、年々分配金利回りが上昇しています。
ここ5年の増配率ですが債券ETFでは2番目に高く、今後も安定した利回りが期待できるでしょう。

主なデータ

構成債券銘柄数 5,885銘柄
平均デュレーション 7.9年
平均残存期間 9.6年
実効利回り 0.8%
平均クーポン 2.1%

格付別構成比率

信用格付 比率
米国政府 0.0%
AAA 22.1%
AA 26.6%
A 30.0%
BBB 21.3%
BAA未満 0.0%

市場別構成比率

市場

比率
日本 20.50%
フランス 11.80%
ドイツ 9.30%
イタリア. 7.20%
英国 7.00%

発行体別構成比率

発行体 比率
外国の発行体 80.5%
資本財 6.5%
その他 6.0%
金融. 5.7%
公益 1.2%
アセットバック証券 0.1%

利回り・パフォーマンスは?

期間別騰落率

期間 ファンド ベンチマーク BND
3ヵ月 +3.11% +3.14% +3.87%
年初来 +4.41% +4.48% +4.86%
1年 +6.61% +6.80% +6.61%
3年 +3.46% +3.68% +2.49%
5年 +4.09% +4.32% +2.67%
設定来 +4.01%

年間別騰落率

年間 ファンド ベンチマーク
2018年 +2.94% +3.16%
2017年 +2.40% +2.40%
2016年 +4.63% +4.90%
2015年 +1.13% +1.34%
2014年 +8.76% +9.14%

※2019年5月末現在

ここ最近は2~3%前後の騰落率となっており、値動き自体は比較的安定しています。

米国債券のみに投資する【BND】バンガード・米国トータル債券市場ETFとの比較では、1年ベースで同程度のパフォーマンスとなっています。
ただ3年・5年のリターンでは本ETFの方が良好な成績を残しています。

これはアメリカで利上げが行われたため、債券価格が下落してBNDのパフォーマンスも軟調となったためです。

5年前に100万円を運用していた場合、現時点で+22万円の利益となっています。

配当金・分配金は?

決算日 分配金(1口当たり)
2019/6 0.054300米ドル
2019/5 0.051200米ドル
2019/4 0.053000米ドル
2019/3 0.046200米ドル
2019/2 0.053900米ドル
2019/1 1.094200米ドル
2018/12 0.051800米ドル
2018/11 0.054200米ドル
2018/10 0.050300米ドル
2018/9 0.050800米ドル
2018/8 0.049900米ドル
2018/7 0.048200米ドル

毎月分配となっており、2019年6月29日時点での分配金利回りは2.89%となっています。
また毎年12月末(1月分)の分配金が多いことが特徴です。

投資家からの評判は?

バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF(米ドルヘッジあり)(BNDX)の評価

バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF(米ドルヘッジあり)(BNDX)ですが、低コストで米国以外の国債に幅広く投資できることが評価されています。
分配金利回りはBNDと同程度となっているので、毎月安定して配当を得たい方には最適なETFとなります。

正直なところ、低利回りである日本の債券比率がもう少し低いと投資しやすいですね。
ただパフォーマンスは安定していることから、米国を除く世界債券に投資したい場合は検討価値のあるファンドと言えるでしょう。

バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF(米ドルヘッジあり)(BNDX)を購入できる会社はこちら

本ETFは海外ETFとなりますので、扱っている会社は下記となります。

証券会社 ポイント
楽天証券 楽天バンガードファンドがiDeCoでも買える。
楽天レバレッジETFは手数料無料。
90日の指値期間。
SBI証券 米国ETFが定期積立できるサービスあり。
海外ETFに低コストで投資可能。
サクソバンク証券 他社を引き離す業界最安の手数料が魅力。
米国ETF含めて6,000銘柄以上を取り扱っている。
マネックス証券 約3,000銘柄以上の米国株取り扱い。
米国ETFが実質手数料無料になるゼロETFがある。
米国株の時間外取引が可能。
海外ETF
スポンサーリンク
スポンサーリンク
vb93esnbvusをフォローする
ETFではじめる投資ガイド