自社製品詰め合わせがもらえる!ダイドーグループホールディングス(2590)の株主優待と配当利回りを解説!

本ページではダイドーグループホールディングスの株主優待情報・配当利回りを解説しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイドーグループホールディングスの企業情報

ダイドーグループホールディングスは、缶コーヒーの自販機販売をメイン事業とする大手飲料メーカーです。
ダイドードリンコの缶コーヒーは古くから販売されており、一度は飲んだ方も多いのではないでしょうか。

コーヒー市場の競争が激しくなっているため、近年の業績は低調となっています。
またトルコなど海外でも飲料事業を行っていますが赤字が続いています。

しかし株主優待は自社製品詰め合わせで満足度が高く、毎回人気ランキングで上位をつけています。

ダイドーグループホールディングスの株主優待情報

コード 2590
優待内容 ※変更前
100株以上・・・自社グループ商品3,000円相当
1株以上・・・自社グループ商品を特別価格で提供

※2020年7月20日以降
■7月20日基準日
100株以上・・・記念品贈呈(5年以上継続保有)

■1月20日基準日
100株以上・・・自社グループ商品6,000円相当(半年以上継続保有)

優待回数 年に1回
権利確定月 1月20日
単元株数 100株
最低投資金額 457,000円
(最新の株価情報)
優待利回り 100株以上・・・年1.32%

株主優待の内容詳細

2019年12月に優待内容変更が発表され、2020年7月20日時点の株主から適用されます。
年2回から年1回に変更、自社グループ商品3,000円相当×年2回6,000円相当×年1回と金額に変更はありません。

また7月20日基準日に、5年以上継続保有している方に記念品が贈呈されます。
今回の変更は配送コスト削減のために実施されています。

優待の自社商品詰め合わせは缶コーヒーはもちろん、ゼリーやお茶など箱一杯に詰めて送られてきます。
権利確定日からおおむね3ケ月後に発送されます。

さらに全株主を対象に、自社商品を特別価格で販売しています。
株主専用のWEBサイトで購入でき、通常よりお得な価格で購入できます。

権利確定日が月末ではなく、20日であることには注意が必要です。
優待内容変更により半年以上の継続保有が必要になりましたが、長期で支えてくれる方に還元する本来あるべき姿と言えるのではないでしょうか。

ダイドーグループホールディングスの配当利回り

1株配当・利回り

年月 1株配当 配当利回り
2020年1月(予想) 60円 1.31%
2019年1月 60円 1.09%
2018年1月 60円 1.02%
2017年1月 60円 1.00%
2016年1月 60円 1.18%

配当利回りの詳細

ダイドーグループHDの配当金は1株60円で、配当性向は25%程度です。
7月20日に中間配当、1月20日に期末配当として受け取れます。

利回り的に高水準ではありませんが、優待と合わせればそれなりの魅力度はあるでしょう。
直近は株価が低迷しているため、利回りがやや上昇しています。

ダイドーグループホールディングスの株価推移

株価は長期で右肩上がりでしたが、2018年を境に下落トレンドになっています。
一時数年ぶりの4,000円まで下押しするなど、株価の下落に歯止めがかかりません。

ただ財務は安定しているので、長期で仕込みたい方には良いタイミングともいえるでしょう。

ダイドーグループホールディングスの優待と配当の口コミ・評判

株主優待におすすめの証券会社は?

証券会社 手数料 一般信用 概要
SBI証券 無料~ 可能 50万以下は手数料無料。
松井証券 無料~ 可能 50万まで手数料無料。
一般信用でつなぎ売りが可能。
DMM株 50円~ × 全約定代金で最安水準の手数料。
取引でポイントが貯まる。
楽天証券 無料~ 可能 50万まで手数料0円。
投資情報も豊富。