最安の為替ヘッジ付き先進国株式ファンド!NEXT FUNDS 外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信(2514)の評価と配当・利回りなど解説

  • マネックス証券の米国株・米国ETF最低取引手数料が0.1米ドルに引き下げられました!(7/22からさらに無料に引き下げ)
  • SBI証券の米国株・米国ETF最低取引手数料が無料になる予定です(7/22現地約定分から)
  • 楽天証券の米国株・米国ETFにおける最低手数料が無料に引き下げられる予定です(7/22現地約定分から)
  • 2019年のETFおすすめをまとめました!
  • トライオートETF500円からETF自動積立が可能!

NEXT FUNDS 外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信は、「MSCI-KOKUSAI指数(円換算ベース・為替ヘッジあり)」に連動する動きを目指すETFになります。

2017年12月11日に野村アセットマネジメント株式会社から設定されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

NEXT FUNDS 外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信の詳細

上場市場 東京証券取引所
コード 2514
ベンチマーク MSCI-KOKUSAI指数(円ベース・為替ヘッジあり)
設定日 2017年12月7日
(上場日は2017年12月11日)
売買単位 10口
信託報酬 年0.17%(税別)
信託財産留保額 無料
基準価額(株価) 1,037円
純資産総額 1.7億円
為替ヘッジ あり
決算日 年2回(3/7、9/7)
最低投資金額 10,370円
管理会社 野村アセットマネジメント株式会社

NEXT FUNDS 外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信ですが、信託報酬年0.17%と国内では最安の為替ヘッジあり先進国株式ファンドであることが特徴です。

先進国株式を投資対象としている他の国内ETFは、「上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)」「MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信」(年0.25%)などがあります。
本ETFはさらに低コストで、先進国株式全体に投資が行えることが魅力です。

国・地域別配分は?

銘柄 比率
アメリカ 65.9%
イギリス 6.9%
ドイツ 4.1%
フランス 4.0%
カナダ 3.9%
その他の国・地域 17.1%

組み入れ銘柄は?

銘柄 比率
アップル 2.55%
マイクロソフト 1.96%
アマゾン 1.89%
フェイスブック 1.27%
JPモルガン・チェース 0.98%
アルファベットC 0.95%
エクソンモービル 0.95%
アルファベットA 0.92%
ジョンソン・エンド・ジョンソン 0.89%
バンク・オブ・アメリカ 0.79%
ウェルズ・ファーゴ 0.69%
ビザ 0.65%
シェブロン 0.65%
ネスレ 0.65%
バークシャー・ハサウェイ 0.65%
ユナイテッドヘルス・グループ 0.65%

全部で1,324銘柄に投資を行っています。

パフォーマンス・利回りは?

期間 リターン
1カ月 -0.6%
3カ月 +3.1%
6カ月 +0.3%
設定来 +2.3%

※2018年6月29日現在

上記はファンドの直近パフォーマンスになります。
米中貿易摩擦による影響でやや上値が重い展開になっています。

配当金・分配金は?

決算日 分配金(10口当たり)
2018/3 0円

初の決算をむかえましたが、分配金は出ませんでした。

投資家からの評判は?

NEXT FUNDS 外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信の評価

NEXT FUNDS 外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信ですが、インデックスファンドと比較しても、最も低い信託報酬の為替ヘッジ付き先進国株式ファンドであることが評価できます。

為替ヘッジコストがかかるため期待できるリターンが少し下がる可能性がありますが、為替変動リスクをなるべく抑えて先進国の株式市場に分散投資を行いたい場合に最有力のETFになるかと思います。

おすすめな証券会社は?

東京証券取引所に上場しているので、国内のほぼ全ての証券会社で購入可能です。

少額(10万円以下)で取引を行いたいなら楽天証券SBI証券松井証券、取引ツールの使いやすさと手数料コストを重視するなら岡三オンライン証券を利用するのが最適でしょう。