MSCI エマージング・マーケット・インデックスとは何か?構成銘柄や詳細など

  • 2019年のETFおすすめをまとめました!
  • 楽天証券なら「iシェアーズ」「MAXIS」シリーズETFが手数料無料で取引可能!
  • 6/28(金)まで!SBI証券で「MAXIS」シリーズ対象ETFを取引すると手数料全額キャッシュバック!
  • トライオートETF500円からETF自動積立が可能!

MSCI エマージング・マーケット・インデックスは新興国株式のインデックス(指数)になります。

韓国や中国など新興国20か国以上に投資を行い、「iシェアーズ・コア MSCI 新興国株 ETF」などインデックスファンドのベンチマークにも採用されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MSCI エマージング・マーケット・インデックスの詳細

MSCI エマージング・マーケット・インデックスは、MSCI社(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)が算出している新興国株式指数(時価総額加重平均型)になります。
南アフリカや台湾、インドやブラジルなど、現在も成長著しい新興国株式市場(20か国以上)の中型株から大型株までカバーしております。

構成銘柄は約800銘柄となっており、世界の株式市場約10%以上の時価総額に相当すると言われています。

国別構成比率

国名 比率
中国 29.67%
韓国 15.39%
台湾 11.27%
インド 8.77%
南アフリカ 7.12%
その他 27.78%

中国を筆頭に台湾・インドといった新興国を投資対象としています。
同じ新興国株式指数であるFTSE・エマージング・インデックスでは投資対象としていない、韓国までカバーしていることが特徴です。

業種別構成比率

銘柄 比率
情報技術 27.7%
金融 23.45%
一般消費財 10.2%
素材 7.41%
エネルギー 6.77%

銘柄別構成比率

銘柄 比率
テンセント 中国 5.45%
サムスン電子 韓国 4.27%
アリババ・グループ・ホールディング 中国 3.66%
TSMC 台湾 3.50%
ナスパーズ 南アフリカ 2.25%
中国建設銀行 中国 1.43%
百度 中国 1.18%
中国移動通信 中国 1.15%
中国工商銀行 中国 1.09%
中国平安保険 中国 1.00%

日本でも有名な「サムスン」や「アリババ」などが上位となっています。
成長著しい中国企業が数多く名を連ねています。

利回り・パフォーマンスは?

期間別パフォーマンス

期間 騰落率
1ヵ月 3.59%
3ヵ月 7.44%
年初来 37.28%
1年 37.28%
3年 9.10%
5年 4.35%
10年 1.68%

※2017年12月29日時点

年度別パフォーマンス

騰落率
2017年 +37.28%
2016年 +11.19%
2015年 -14.92%
2014年 -2.19%
2013年 -2.60%
2012年 +18.22%
2011年 -18.42%
2010年 +18.88%
2009年 +78.51%
2008年 -53.33%
2007年 +39.42%

世界株式マーケットの価格上昇を受けて、本インデックスも好調に推移しています。

投資家からの評判は?

MSCI エマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとしているETF

MSCI エマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとする国内ETFは、「iシェアーズ・コア MSCI 新興国株 ETF」があります。
またインデックスファンドでは「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」「<購入・換金手数料なし> ニッセイ新興国株式インデックスファンド」でベンチマークとなっています。

MSCI エマージング・マーケット・インデックスのまとめ

MSCI エマージング・マーケット・インデックスですが、新興国20か国以上の大型株・中型株を投資対象としているインデックス(指数)になります。
韓国を含めた新興国全体に投資したい場合は本インデックスのファンドを選ぶと良いでしょう。

本インデックスは小型株を投資対象としておりませんので、分散性を高めたい場合は「FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)・インデックス」(小型株含む約4,000銘柄)をベンチマークとするファンドで投資を行いましょう。