FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスとは何か?構成銘柄や詳細など

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスは全世界の株式指数のことです。

低コストの海外ETFであるバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)のベンチマークとしても知られております。

スポンサーリンク

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスの詳細

対象世界株式
基準日2002年12月31日
構成銘柄数7,400
運営会社FTSE

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスは、FTSE社が提供している全世界株式指数(時価総額加重平均型)になります。
日本を含むアメリカなどの先進国、成長著しい新興国のインドや南アフリカなど、全世界株式市場(47か国)の大型株から小型株まで含んでおります。

全銘柄は約7,400銘柄で構成されており、全世界の株式市場時価総額約98%をカバーしています。

国別構成比率

国名銘柄数比率
アメリカ1871 51.79%
日本1329 8.48%
イギリス3235.80%
中国468 3.22%
フランス1423.10%
ドイツ158 3.03%
カナダ2132.99%
スイス1082.44%
オーストラリア2522.22%
韓国4061.84%
台湾4201.58%
香港1931.23%
インド305 1.16%
オランダ551.13%
スペイン65 1.03%
イタリア980.93%
ブラジル1290.90%
南アフリカ1150.81%

アメリカや日本、イギリスといった先進国が上位を占め、中国などの新興国も含まれております。

業種別構成比率

銘柄比率
金融22.98%
資本財14.15%
情報技術12.65%
一般消費財12.46%
一般消費財10.33%
ヘルスケア10.28%
エネルギー5.93%
素材5.14%
公益事業3.20%
電気通信2.87%

銘柄別構成比率

銘柄比率
アップル1.63%
マイクロソフト1.13%
フェイスブック0.81%
アマゾン0.77%
ジョンソン&ジョンソン0.71%
エクソン・モービル0.70%
JPモルガン・チェース0.68%
アルファベット C0.59%
アルファベット A0.59%
ネスレ0.53%

アップルやマイクロソフトなど米国が世界に誇る大企業が、組入上位をほぼ独占しています。
上位10銘柄の比率は全体の8.13%程度と、分散性が高くなっております。

利回り・パフォーマンスは?

期間別パフォーマンス

期間騰落率
3ヵ月+2.8%
6ヵ月+9.3%
年初来+1.0%
1年+19.0%
3年+29.4%
5年+66.3%

※2018年2月28日時点

年度別パフォーマンス

騰落率
2017年+24.4%
2016年+9.0%
2015年-1.7%
2014年+4.5%
2013年+23.9%
2012年+17.2%
2011年-7.6%
2010年+14.8%
2009年+37.5%
2008年-42.2%
2007年+12.3%

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスをベンチマークとしているETF

銘柄信託報酬種類
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)0.10%米国ETF

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスをベンチマークとするETFは、上記のバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)のみとなります。
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)に投資することで、非常に低いコストで全世界株式に分散投資が可能になります。

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスのまとめ

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス全世界株式市場の98をカバーしており、大型・中型株のみでなく小型株まで含まれていることが特徴です。
他の全世界株式指数にはMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスがありますが、小型株まではカバーしていません。

全世界の小型株まで含んだ本インデックス(指数)は、分散性長期における収益性といった面で、優位性が高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする