FTSE・エマージング・インデックスとは何か?構成銘柄や詳細など

FTSE・エマージング・インデックスとは新興国株式インデックス(指数)のことです。

インドや中国など新興国20か国以上に投資を行っていて、「EXE-iつみたて新興国株式ファンド」などインデックスファンドのベンチマークにも採用されています。

スポンサーリンク

FTSE・エマージング・インデックスの詳細

FTSE・エマージング・インデックスは、FTSEI社(FTSEインターナショナル)が提供している新興国株式指数(時価総額加重平均型)になります。
南アフリカや台湾、インドや中国など、成長著しい新興国株式市場(20か国以上)の大型株から中型株まで含んでおります。

構成銘柄は約1,000銘柄となっており、構成国新興国株式市場の時価総額約90%以上をカバーしています。

国別構成比率

国名銘柄数比率
中国25829.26%
台湾9114.16%
インド137 12.26%
ブラジル738.89%
南アフリカ808.06%
ロシア40 4.19%
メキシコ443.95%
タイ413.60%
マレーシア43 3.17%
インドネシア29 2.44%

中国をはじめブラジルやロシア、東南アジア諸国などが上位を占めております。
構成国の上位10か国で全体の8割以上となっています。
特に中国・台湾で半分以上の割合になっており、両国の株式市場の動きが大きく影響されます。

同じ新興国株式インデックスである「MSCIエマージング・マーケット・インデックス」との違いは、韓国を新興国と見なしていない点です。
そのため本インデックスは韓国を投資対象としておりません。

業種別構成比率

銘柄比率
銀行 18.39%
テクノロジー14.87%
石油・ガス 8.27%
一般産業 7.22%
電気通信5.702%

銘柄別構成比率

銘柄比率
テンセント中国5.55%
TSMC台湾4.49%
ナスパーズ南アフリカ2.41%
中国建設銀行中国 1.85%
中国工商銀行中国 1.44%
鴻海精密工業台湾 1.29%
中国移動通信中国 1.23%
アリババ・グループ・ホールディング中国 1.16%
リライアンス・インダストリーズインド 1.08%
中国平安保険中国1.02%

中国企業を中心とした世界でも名の知られた銘柄で構成されています。
シャープを買収した「鴻海精密工業」や中国最大のECサイトである「アリババ」など、一度は聞いたことがある企業にも投資を行っています。

利回り・パフォーマンスは?

期間別パフォーマンス

期間騰落率
3ヵ月4.5%
6ヵ月13.1%
年初来27.0%
1年21.8%
3年15.7%
5年27.1%

※2017年10月31日時点

年度別パフォーマンス

騰落率
2016年+13.5%
2015年-15.2%
2014年+1.6%
2013年-3.5%
2012年+17.9%
2011年-19.0%
2010年+19.8%
2009年+82.6%
2008年-52.9%
2007年+39.7%

世界株式市場の上昇を受けて、本インデックスも好調に推移しています。

FTSE・エマージング・インデックスをベンチマークとしているETF

FTSE・エマージング・インデックスをベンチマークとする国内ETFは、現在のところ存在しません。
インデックスファンドでは「EXE-iつみたて新興国株式ファンド」「EXE-i 新興国株式ファンド」があります。

FTSE・エマージング・インデックスのまとめ

FTSE・エマージング・インデックスですが、新興国20か国以上の大型株・中型株を投資対象としているインデックス(指数)になります。

本インデックスは小型株までカバーしておりませんので、分散性を高くしたい場合は「FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)・インデックス」(小型株含む約4,000銘柄)をベンチマークとするファンドで投資を行いましょう。

スポンサーリンク

シェアする