世界分散投資ができる!上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本(1554)の評価と解説

上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)」に連動する動きを目指しているETFのことです。
これ一つで海外の先進国と新興国に分散して投資が行えるようになっています。

スポンサーリンク

上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本の詳細

上場市場 東京証券取引所
コード 1554
ベンチマーク MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)
上場年月日 2011年3月8日
売買単位 10口
決算日 年1回(1/20)
信託財産留保額 0.3%
信託報酬 年0.3%(税別)
管理会社 日興アセットマネジメント株式会社

上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本の特徴は、「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)」をベンチマークとしているETFが他に存在せず、本ベンチマークに投資したいならこのETFで決まりということでしょう。
また信託報酬が0.3%と低コストで運用が行えるので長期での積立投資にも活用できそうですね。

ちなみに売買単位が10口ですが、ファンド自体の基準価格が低く2万円前後で取引可能です。

パフォーマンスは?

近年はベンチマークを上回る成績を残しており、今後も安定したパフォーマンスが期待されます。

配当金は?

決算日 分配金(10口当たり)
2017/1/20 360円
2016/1/20 287円
2015/1/20 280円
2014/1/20 169円

毎年配当金を出しており、2017年5月2日時点での配当金利回りは1.94%となっています。
利回りが年々高くなっていて配当金目的のみではまだ微妙ですが、ファンドの価格上昇と合わせて太っ腹なおまけにはなりますね。

上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本の評価

本ETFは低コストで運用でき、成績安定、同じベンチマークのETFが他にないなど投資するメリットが多いことが評価できます。
海外の新興国を含めた幅広い分散投資をしたい方にはおすすめできるETFになるでしょう。

上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本を購入できる会社はこちら

証券会社 ポイント
GMOクリック証券 現物・信用手数料が共に業界最安水準
ライブスター証券 ほぼすべての手数料プラン業界最安水準
SBI証券 海外ETFで手数料最安水準
楽天証券 楽天レバレッジETF手数料無料
マネックス証券 米国ETFが実質手数料無料になるゼロETFがある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク